2016年8月1日月曜日

パイロットの乗客を道連れにした自殺の可能性が高まる 墜落直前まで機体操縦か 不明のマレーシア航空機

パイロットの乗客を道連れにした自殺の可能性が高まる 墜落直前まで機体操縦か 不明のマレーシア航空機

2014年3月に行方不明となったマレーシア航空機は墜落直前まで操縦されていた可能性があると判明しました。

インド洋での捜索を主導しているオーストラリア運輸安全局の担当者らが地元テレビで述べた。現在の捜索範囲は同機が燃料切れで制御不能となり墜落したとの前提で割り出されている。最後まで操縦され不時着水のような形だったとすると、違う場所に墜落した可能性が出てくるという。
報道されているようにパイロットの多くの乗客を道連れにした自殺だった可能性がまた強まりました。
https://www.google.co.jp/url?
sa=i&rct=j&q=&esrc=s&source=images&cd=&ved=0ahUKEwiSiqCsy5_OAhWEJZQK
HVzsB_IQjxwIAw&url=http%3A%2F%2Frapt.sub.jp%2F%3Fp%3D7951&psig=
AFQjCNFJomiX6f4NefejrNCO3GvNIvqkQA&ust=1470119308089197&cad=rjt より


東京新聞より

墜落直前まで機体操縦か 不明のマレーシア航空機

【シドニー共同】オーストラリアン紙は1日、2014年3月に不明となった北京行きマレーシア航空機について、これまで見つかった翼の残骸の損傷具合から、墜落直前まで操縦されていた可能性があるとの見方がオーストラリア当局内などで出ていると報じた。



インド洋での捜索を主導しているオーストラリア運輸安全局の担当者らが地元テレビで述べた。現在の捜索範囲は同機が燃料切れで制御不能となり墜落したとの前提で割り出されている。最後まで操縦され不時着水のような形だったとすると、違う場所に墜落した可能性が出てくるという。

0 件のコメント:

コメントを投稿

スポンサーリンク

日本とアジアのニュース