2016年7月2日土曜日

経営難のマレーシア航空 新CEOにLCC出身のベリュー氏が就任

経営難のマレーシア航空 新CEOにLCC出身のベリュー氏が就任

経営難に陥っているマレーシア航空の新CEOが発表されました。

マレーシアの国営投資ファンド、カザナ・ナショナルは30日、傘下のマレーシア航空の最高経営責任者(CEO)にピーター・ベリュー最高執行責任者(COO)を充てる人事を発表した。就任は7月1日付。4月に突然の辞任を表明したクリストフ・ミュラー氏の後任となる。
 ベリュー氏はアイルランドの格安航空会社ライアンエアーで運航管理責任者を務め、昨年9月にマレーシア航空に入社した。
相次いだ墜落事件が決定的な打撃となったマレーシア航空の経営再建が新CEOによってうまくいくかは未知数です。



日本経済新聞より

マレーシア航空、新CEOにベリュー氏 


マレーシアの国営投資ファンド、カザナ・ナショナルは30日、傘下のマレーシア航空の最高経営責任者(CEO)にピーター・ベリュー最高執行責任者(COO)を充てる人事を発表した。就任は7月1日付。4月に突然の辞任を表明したクリストフ・ミュラー氏の後任となる。
 ベリュー氏はアイルランドの格安航空会社ライアンエアーで運航管理責任者を務め、昨年9月にマレーシア航空に入社した。
 ミュラー氏が経営再建に向けて進めたリストラ計画を引き継ぐ。

0 件のコメント:

コメントを投稿

スポンサーリンク

日本とアジアのニュース