2016年5月4日水曜日

マレーシア首都圏でヘイズが悪化、泥炭火災や乾燥気候が原因

マレーシア首都圏でヘイズが悪化、泥炭火災や乾燥気候が原因


マレーシアのクアラルーンプール近辺でヘイズが悪化しています。

毎年のことながら困りますね。

ヘイズ(イメージ)
http://ameblo.jp/sgderun/entry-11557358812.html より


マレーシアナビ!より
http://www.malaysia-navi.jp/news/?mode=d&i=5441

首都圏でヘイズが悪化、泥炭火災や乾燥気候が原因
【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】   




首都圏クランバレーなどマレーシア半島各地で、ヘイズ(煙害)が悪化している。21日、クアラルンプール(KL)やセランゴール州など6カ所で大気汚染指数(API)が101を超え「不健康」レベルに達した。22日正午時点では、セランゴール州クランが105、サラワク州ミリにおいて143となり「不健康」レベルとなったが、その他の地域は改善した。

0 件のコメント:

コメントを投稿

スポンサーリンク

日本とアジアのニュース