2016年4月22日金曜日

政府系ファンド 1MDBに関する マレーシア汚職疑惑特集 THE WALL STREET JOURNAL より

昨日の1MDBのデフォルトのニュースですが、
マレーシア政府を巻き込む大スキャンダルになりそうです。

マレーシアの政府系ファンド1MDB、デフォルトか-アブダビのファンドは支援せず

THE WALL STREET JOURNAL が今までの経緯をまとめています。

国際的な問題になっています。
マレーシア政府はどのような対応を行うのでしょうか?



THE WALL STREET JOURNAL より引用

http://jp.wsj.com/articles/SB10834865168797973818204582015410724058248
2016 年 4 月 19 日 17:20 JST

 マレーシア政府を巻き込むスキャンダルとなった政府系ファンド「1MDB」をめぐる汚職疑惑。国内外の多くの機関が捜査に乗り出しているが、その嵐の「中心」にはナジブ首相がいる。


 2013年初め、スイスで開かれていた世界経済フォーラム年次会合(ダボス会議)の会場で、マレーシアのナジブ首相は同国の金融アドバイザーを長年にわたって務めている米ゴールドマン・サックスの幹部に近づいた。

 2013年3月、マレーシアの若い資産家が、クアラルンプールのアム銀行の従業員に「681個のアメリカン・パイ」が近く海外から到着するという警告を送った。
 マレーシアの政府系投資ファンド「ワン・マレーシア・デベロップメント(1MDB)」の汚職疑惑に関連し、FRBの規制当局者は先に、1MDBの起債案件の取りまとめに携わった米金融大手ゴールドマン・サックスに対し懸念を表明していたもようだ。
 レオナルド・ディカプリオ氏とマーティン・スコセッシ監督をもってしても、「ウルフ・オブ・ウォールストリート」(2013年)は実現までに6年以上かかった。
 マレーシアのナジブ首相は2014年のクリスマスイブに、オバマ米大統領とのゴルフ外交のためにハワイのカネオヘ・クリッパーG.C.(18ホール)に出掛けた。
 マレーシアのナジブ首相の個人口座に振り込まれた資金の額は合計で10億ドル(約1124億円)を上回っており、以前に伝えられていた額を大幅に上回ることが明らかになった。
 スイス検察はマレーシアの国有企業数社の資金40億ドル(約4800億円)が不正流用された可能性があると発表した。
 マレーシアの政府系ファンド「ワン・マレーシア・デベロップメント(1MDB)」が投資した何十億ドルもの資金の流れを追う6年間の国際的な捜査がオーストラリアに波及した。
 米連邦捜査局(FBI)はマレーシアの政府系投資ファンドに関連するマネーロンダリング(資金洗浄)容疑について捜査を開始した。


THE WALL STREET JOURNAL
http://jp.wsj.com/articles/SB10834865168797973818204582015410724058248

0 件のコメント:

コメントを投稿

スポンサーリンク

日本とアジアのニュース